眼精疲労を引き起こしてしまう目の病気について

眼精疲労を引き起こす原因になるものは、いろいろとあるそうですが、そのひとつとしては、近視、乱視、老眼があるそうです。

近視・乱視などが進むと、物が見づらくなってくると思いますが、そうなると何とか見ようとしてレンズの役割をする水晶体の厚さを調整する筋肉の緊張が続くことになり、負担が増えてしまうことになるそうです。

ものが見づらいと、つい目を凝らしたり、前かがみの姿勢になったりしてしまいますが、そのようなことによって、目が疲れ、首筋や肩の筋肉に負担をかけてしまうことが、眼精疲労の原因となっていくそうです。

コンタクトレンズやメガネによって、視力を矯正している場合でも、それがあっていないと同じようなことになるそうですから、コンタクトレンズやメガネは自分にあったものを使用する必要があるようです。

特に老眼は、ある程度の年齢になると急速に進むそうですから、注意が必要になってくるそうです。

実際に老眼が進行する40代から60代の人が、眼精疲労になるケースが多いそうです。

眼精疲労になってしまう原因としては、近視や乱視、老眼になった人が、視力矯正がきちんとできないために、目が疲れたしまうために起こることが多いようですが、それ以外にもドライアイなどが原因で起こることもあるそうです。

ドライアイというのは、眼球の表面にある角膜や結膜が乾燥してしまう病気ですが、目を酷使する人やコンタクトレンズを使用する人がかかりやすいそうです。

最近は、仕事などでパソコンを長時間使用する人が増えていると思いますが、パソコンのモニターなどを見ている場合は、まばたきの回数が少なくなってしまうそうで、そのために涙が蒸発してしまいドライアイになりやすくなってしまうそうです。

スマートフォンなどの携帯端末の画面でも同じようなことが言えるそうで、このためにドライアイになってしまう人も増えているそうですし、ドライアイが原因で眼精疲労になってしまう人も増えているそうです。

その他にも緑内障や白内障などが原因となって眼精疲労になってしまうこともあるそうです。