眼精疲労の改善に効果がある成分

眼精疲労を予防したり、その症状を緩和したりする方法は、いくつかあると思いますが、そのひとつとしては、目の疲れを回復させてくれる成分を含む食品を摂取する方法もあると思います。

目の疲れや疲労の改善に効果がある成分というのは、いくつかあるそうですから、日常からそのような成分を摂取するようにするようにすれば、眼精疲労の予防にもなりますし、症状の改善が期待できることにもなると思います。

目に良いとされる成分で代表的なものとしては、アントシアニンがあるそうです。

目に良い食品としてよく挙げられるブルーベリーに多く含まれている成分だそうですが、この成分は、網膜にあるドロプシンという色素の働きを助けてくれるそうです。

ドロプシンの働きが悪くなると、視力が低下したり、物がかすんで見えたりしてしまうそうで、そのために眼精疲労の病状を悪化させてしまうそうです。

アントシアニンは眼精疲労に効果がある成分ですが、それだけでなく、老化防止の効果や、がん予防の効果もあるそうです。

眼精疲労に効果がある成分としては、ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンがありますが、ルテインという成分も効果的だそうです。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄野菜に含まれる栄養素だそうですが、この成分は目の網膜や黄斑部の保護に役立つそうですし、レンズの働きをする水晶体の機能を促進してくれるそうです。

また、DHAという成分も有効だそうで、網膜や視神経の細胞を活性化はさせる働きがあるそうです。

他にも眼精疲労の予防や症状の改善に効果がある成分はいろいろとあるようです。

最近は、パソコンやスマートフォンなどの使用で目の疲れや眼精疲労に悩まされている人が多いせいか、目の疲れや眼精疲労に効果があるサプリメントがいろいろと販売されているようです。

そのようなサプリメントには、アントシアニンはもちろんですが、ルテインやDHAも配合されているようですし、ビタミンAやビタミンB群なども配合されているようですから、目に良い成分を効果的に摂取するには適しているようです。