すぐにできる眼精疲労の対策

どんな場合でも有効というわけではないようですが、すぐにできる眼精疲労の予防や対策もいくつかあるようです。

まず、メガネやコンタクトレンズを使用している人の場合は、使用しているメガネなどが自分にあっているかを、チェックしてみると良いそうです。

近視や老眼は、目のピントを合わせる機能が低下したためにレンズで、それを補っているわけですから、それが自分にあっていない場合は目の疲れの大きな原因になり、眼精疲労につながる可能性もありますから、自分に合うものに変える必要があります。

レンズで視力を矯正する場合は、だいたい1.0~1.5ぐらいになるようにしてくれると思いますが、ある眼鏡屋さんが教えてくれたのですが、あまり視力を良くし過ぎるのもよくないそうです。

裸眼の視力が低い場合は、あまり高い視力に矯正してしまうと、そのことが原因で目が疲れやすくなってしまうこともあるそうです。

メガネなどを作るときは、眼鏡店のスタッフや眼科医に相談して、自分に合う視力に矯正してもらうことも大事なように思います。

眼精疲労を起こしている場合は、目は酷使されて赤く充血していることが多いそうです。

目の充血が起こる原因は、眼精疲労による場合のほかに、感染症などによって炎症が起きている場合もあるそうですが、眼精疲労によって起こっている場合は、目を酷使したために毛細血管が拡張したために起こっているそうです。

目の充血は、目に休息を与えることができれば、回復すると思いますが、その時にビタミンB群を配合している点眼薬を使用すると良いそうです。

ビタミンB1は目の筋肉の緊張を和らげてくれる働きがあるそうですし、ビタミンB2には、目の充血を解消したり、視力を回復させたりする効果があるそうです。

また、ビタミンB12は、視神経の働きを高めてくれるそうですし、ビタミンB6も、目の水晶体や毛様体筋の主成分であるタンパク質の吸収に欠かせないそうです。

このようなビタミンB群を含んだ点眼薬を使用することで回復を早めることができるそうです。

ビタミンB群だけでなく、ビタミンAも眼精疲労には効果があるそうです。