眼精疲労とはどういう病気なのか

長時間にわたって細かな作業していれば、誰でも目の疲れを感じることはあると思いますし、目に痛みを感じることも、たまにはあると思います。

ただ、そのような症状はほとんどの場合は、しばらく目を休めたり、睡眠をしっかりとったりすることで回復すると思いますが、目の痛みや疲れがいつまでたっても治らないようなことが起こる場合もあるそうです。

このような場合は医学的には眼精疲労と言って、単なる目の疲れによる眼疲労と区別するそうです。

眼精疲労でも、仕事の環境や生活環境が変化すれば自然に治ることがないわけではないそうですが、普通は、何らかの治療を行わなければ治癒しないそうですし、そのまま放置しておくと、症状はいつまでも続くことになるそうですし、悪化してしまう場合もあるそうです。

また、眼精疲労の背後に他の病気が隠れていることもあるそうですから、目の疲れや痛みがいつまでたっても消えないような場合は、そのうち治るだろうなどと軽く考えずに、一度きちんと診察してもらう方が良いようです。

眼精疲労の症状で、目にあらわれる症状としては、目が疲れるとか、ぼやける、かすむなどがあるそうですし、目に痛みを感じることもあるそうです。

また、痛みを感じない場合でも、目が充血してしまうようなこともあるそうです。

他にも目が重いとか、しょぼしょぼする、まぶしいなど、いろいろな目の異常を引き起こす可能性があるそうです。

また、眼精疲労が原因で、体に異常が出る場合もあるそうです。

肩こりや倦怠感を引き起こすこともあるそうですし、頭痛やめまいが出るようなこともあるそうです。

場合によっては吐き気を生じるようなこともあるそうです。

体にまで症状が出る原因ははっきりしないそうですが、物が見えにくくなるために、それが遠因となって肩こりや頭痛、めまいなどを引き起こすことになるようです。

日常生活に支障が出るほどひどくなっている時はもちろんですが、症状がなかなか回復しない場合は、早めに診断を受けた方が良いように思います。

眼精疲労のことについては、こちらのサイトが参考になると思います。

眼精疲労を予防するには